カーテンを使ってより良い生活を目指していく

カーテンは使用方法によっては生活を豊かにしてくれるもの、そんなカーテンの特徴や他の窓際インテリア、カーテン選びのコツなどについて詳しく紹介いたします。おうち時間をより豊かにするカーテンの魅力をお伝えいたします。

カーテン、ブラインド、ロールスクリーン

カーテン選び

カーテン選びは非常に難しく、またカーテンだけが窓際インテリアとは限らないです。
他にも挙げられるのがブラインド、ロールスクリーンでそれらはそれぞれの魅力がありデメリットがあります。
それらを上手く組み合わせてインテリアを完成していきたいところ、このカーテン、ブラインド、ロールスクリーンの魅力についてご紹介いたします。

ブラインド

ブラインドはオフィスでもよく見かけるものでシンプルで無機質なところが魅力的なインテリアです。
その素材上無機質に感じられますがそれは清潔感も感じられるもの、そのためオフィスのような空間にマッチしやすいです。
またオフィス以外にももちろんご自宅で使っていいただくのもおすすめで、洋室だけではなく和室にもマッチします。
なんとなく住むお部屋にはマッチしない?と考えがちですがブラインドはインテリアのコンセプトによってはとても優秀、清潔感のあるお部屋にかけておきたい、そんなインテリアとなっています。
また角度を調整するだけで調光できるのも魅力です。
そして風通しが非常にいいのでお風呂場付近の目隠しにも最適、水濡れしても大丈夫な素材であることがほとんどなので遠慮なく使えるところも魅力です。

デメリットは柔軟さが無い素材故にあまり強い風邪にさらされてしまうと音がうるさい、またメンテナンスもたくさんの羽根から一つ一つ専用のブラシで丁寧に埃を払い落す手間があります。
埃がたまっていると目立ちやすいのでこまめにしておくのを推奨、そのためなかなか掃除に手間をかけられない、そんな人には少しおすすめしづらいです。
構造上風通しや、見た目のスタイリッシュさを重視したい場合おすすめなブラインド、他のインテリアにカーテンやロールスクリーンだと馴染ませにくい、そんなお部屋にかけるときはブラインドがおすすめです。

ロールスクリーン

ロールスクリーンはそれそのものが一枚絵のインテリアとして完成できるほどに存在感があり、蛇腹も気にせず色柄を楽しめます。
デザイナーズマンションの一室にかけておいて絵画として楽しめるような、そんなファッショナブルな生活を彩ってくれるインテリアとなっています。
またコードをつかって上げ下げすることで窓半分を隠したりなどの調光も可能、そして全部巻き取ると10センチ程度の筒におさまりますので非常にコンパクトです。
全部開いている状態と全て収納している状態で全然違う印象にお部屋を変化させてくれます。
絵画のように常に全部さげておくのもよし、必要なときだけ使用するもよし、お好みにあわせて使いわけが可能となっており、またあまりご家庭においているインテリアでもないので少し個性的なお部屋を目指したい時にもおすすめです。

難点は遮光性に不足があるところ、またどうしてもシルエットが浮かび上がってしまうので脱衣所などには向かないです。
遮音性についてもあまり期待はできないので、本当にインテリア重視のときだけの使用がおすすめとなっています。
機能性をより高く持ちたいときはどうしても気になる部分が出がち、居住空間にあまり使われない理由もこの点が多いものとされています。

カーテン

カーテンは機能性がまず抜群なのが特徴です。
基本的に備わっていることが多いのが遮光性遮音性遮熱性でこれらは生活する上で必要不可欠にもなり得るもの、その三つが全部備わっているカーテンもありますので、より機能性を重視したいときはカーテン一択に自然となります。
またカーテンの場合はその需要から種類も豊富、そのため沢山の店舗を見て回るとたくさんの種類に出会えるので、選択肢が非常に幅ひろいです。

デメリットはあまり気にならない点かもしれませんが、閉め切った時の閉塞感です。
しかしこれもお昼はカーテンをあけておき、レースカーテンで調光するとそこまで気にならないもの、どちらかといえばカーテンの色柄をこだわってカーテンそのものを楽しむ、そんな動きが多くなっています。

これら窓際のインテリアはそれぞれに特徴があります。
いいところ悪いところがありますが、それらは好みで使い分けしていくと気にならないものばかり。
インテリア重視も機能性重視も思いのままとなっていいます。

カーテン選びのポイントとは?

カーテン選びのポイント

カーテンはそれそのものの存在感が非常に大きいので色柄選びに思いのほか手間取るもの、購入したはいいけれどあまり部屋にマッチしていない、そんな苦い経験をしたことがある人も少なくはないです。
カーテン選びはそのお部屋の使用用途や環境によって変わります、また色による影響もありますので、そのお部屋はどう使うものなのか?それをよく考えてカーテン選びをするとより選びやすく、失敗しにくくなります。
たとえば客間、ここは落ち着いた空間が推奨されますのでベージュ、ブラウン、グリーンなどみていて落ち着く色あいのものを採用するのが理想的です。
目に入って落ち着く色あいを採用することにより部屋の中にいる間リラックスでき、より人との対話の時間に集中したり部屋にむやみに意識がいきにくいものとなっています。
そのためオフィスでの客間でも落ち着いた色あいのカーテンをセレクトしている企業もあり、色あいを最大限その部屋の使用用途を考えて利用しています。
色というのは精神にも作用するもの、そのため色味を考えてのコーディネートができると理想的です。
しかし皆が皆色彩に関する知識なんて持っていないもの、色彩に関する専門書を見ながらカーテン選びをするわけにもいかないです。
またとくに客間など考えておらず、プライベート空間でのカーテンを選ぶ時は自分が好きな色あいで考えていきたいもの、そんなときは特に見るべきなのが機能性となっています。
勿論調和も大事ですが、それを考えているとなかなか自分が好きと思えるカーテンは選びにくいです。
そのためまずは機能面を見て、そこから選んでいくというのもおすすめとなっています。
最低限欲しいと考える三大要素は遮光性、遮音性、遮熱性でこれらの要素があると比較的カーテンは室内を快適にしてくれます。
そのためこれらの要素に着目し、機能性の面でまず検索をかけていくのがおすすめです。
そしてそれら加工を施されているものを確認してから自分の好きなものを選んでいくのがおすすめ、この時調和を考えるか考えないかは自分次第、もし奇抜な色をセレクトして冒険した場合でもあとでアレンジなどで十分巻き返せる場合もあります。
それでももし不安な場合はカーテンを取り付ける周辺環境と類似色や同系色を選んでいくと失敗しにくいので、あまり浮かせたく無い場合はそうした色あいをチョイスするのをおすすめいたします。
ただ気を付けておきたい点として挙げられるのがネット通販を利用する前に布のサンプルを請求したとき、その色合いがカーテンになったときも同じ見え方がするかと言われるとことなります。
布の面積の広さによっても色あいは違って見えますのでそこも頭にいれてカーテン選びをしていくのをおすすめいたします。
もし柄のが際立つようなカーテンを選びたいときは少々大柄めに見えるものをチョイスしたり、布面積が広くなるのを前提として購入するとイメージに近いかもしれないです。
カーテンはお部屋の中でも大きさがあるインテリア、見え方を考えるのは難しいので慎重に選ぶ必要はありますが、たくさんの種類がありますのできっとお気に入りのカーテンを見つけることができます。
派手なものから落ち着いたものまで、またはインテリアのテーマを全面にひきたててくれるコンセプトをもったものもあるので、まずはカーテンはどんなものがあるのかネットで見てみるとイメージがわきやすいです。

カーテンを購入する前には、事前にサンプル生地(カーテン生地を小さくカットしたもの)を取り寄せてチェックしましょう。
『びっくりカーペット』というネットショップでは、カーテンのサンプルのお届けサービスを実施しています。
https://bicklycarpet.co.jp/

無料で自宅まで届けてくれるので、ぜひ活用してみてくださいね。

自宅で出来るカーテンのお手入れとは

カーテンのお手入れ

カーテンを取り付けてそれっきり一度も外していない人も多いです。
カーテンは長寿命なので10年以上使っている人も多いもの、そんなカーテン、棚などにもほこりは頻繁にかぶってそれをはたいているのですから当然放置しているカーテンにもほこりや汚れは蓄積しています。
このカーテン、外からの空気が出入りする窓に取り付けられているものなので思いのほか汚れは蓄積しています。
ほこりだけではなく外からの排気ガス、花粉、水分、また室内でタバコを吸っている場合はヤニ汚れも気になるところです。
しかしそれらを放置してしまいがち、普段気にかけることが少ないカーテンなのでどうしても放置しがちです。
そんなカーテンはどれくらいのペースでどんなお手入れをしたらいいのか?これは案外簡単で、最近は丸洗いOKのカーテンが多くなっています。
そのため家庭用洗濯機で簡単にお手入れが可能、カーテンを外して蛇腹折りにし、片方だけ結んでおくと洗濯機の中でむやみに広がらず取り出しも簡単です。
品質表示によっては洗濯に向かないものもありますのでその場合はクリーニングの利用を推奨いたしますが、家庭用洗濯機で問題なく洗浄できるものは非常に多くなっています。レースカーテンも同様で心配な場合はネットに入れて保護しておけば、破れる心配も随分なくなります。
これらお手入れの頻度は大体年に一回、レースカーテンで年に二、三回程度です。
また洗ったあとは他の洗濯物は気にせずそのまま元の位置にかけておくだけ、そのまま自然乾燥でお手入れ完了です。
窓際ということで乾きもよく、また室内の加湿にもなりますので一石二鳥です。
環境によってはもっと回数を増やす必要がありますがそれでも非常に簡単、カーテンはハウスダストによる鼻炎も引き起こしてしまうことがあるので定期的なメンテナンスが必要です。
この時もしお気に入りのカーテンを選んでおくとより気にかけやすくなるので、敢えてカーテンにしっかり自分のこだわりをいれておくといいかもしれないです。

カーテンをインテリアに活用する

レースカーテン

いま自宅での時間が増えている人が多いので、インテリアを見直している方が非常に増えています。
家具屋さんの商品がすぐになくなってしまったり、それは目に見える流行となっています。
自宅での時間をより楽しく快適にしたい、そんな気持ちからおうちのインテリアを見直している人が増えている証拠です。
そしてこのインテリアに大事なのがカーテン、他の家具にこだわってカーテンだけこだわらない、それは少しもったいないのです。
というのもメインがあればサブもあるもの、家具にこだわっていてもその背景部分にあたる箇所が手抜きだとこだわっている家具も魅力が下がってしまうように感じられます。
日本の家は部屋の壁は白やオフホワイトがメイン、それだけで十分清潔感は感じられますが、そこにラグやカーテンがくわわりそれらがまとまっていない、適当なものを選んでしまった場合、折角コンセプトを考えて集めた家具達も調和がとれないように感じられます。
こだわりのインテリアにはそのこだわりにあわせたカーテンを用いることで、お部屋の魅力がよりアップします。
カーテンは主役にもなりますし、名脇役にもなる存在です。
DIYなどを駆使してインテリアにこだわっている人が多い今だからこそ、カーテンも見直しをおすすめいたします。
背景として有能なカーテンは最適なものを用いることでその部屋の空気も変えてくれます。
よりコンセプトを引き立てる空気感を再現してくれるので、これからインテリアにこだわりたい人も、いまこだわって作っている人も、まだカーテンに着手していない場合テーマにあわせたカーテンの購入がおすすめです。
またデザインを重視しても機能性も申し分ないカーテンはたくさん販売されています。
高品質でリーズナブルなカーテンも出回っているので、快適度もオシャレ度も両立させることができます。
軽量素材を使っているカーテンも販売されていますので、お部屋の雰囲気も重くなりすぎないです。
ドレープカーテン、レースカーテンを始めもっと個性的な形状のカーテンやブラインド、ロールスクリーンなど窓際や壁際を彩ってくれるものは様々です。
その中から好きなものを選び、よりお部屋での時間を快適で楽しいものにしていけると理想的です。